ケーブルテレビの特徴やメリット【アンテナ取付工事が不要】

よく宣伝されてるケーブルテレビって結局なに?

テレビは通常アンテナを通して、電波を受信することで番組を視聴することができます。しかし、ケーブルテレビの場合は、直接ケーブルで接続することによってテレビを視聴できるサービスです。ケーブルが破損しない限り、電波の受信状況が悪いエリアでも、安定した画質で視聴することができます。

光回線を使用している

ケーブルテレビでは、地上デジタル放送だけでなく、BSデジタル放送やCS等も視聴できます。さらに、好きな番組だけ視聴できる料金プランもありますので、利用者が番組をセレクトすることができます。最近では、ケーブルテレビでも光回線を使用できるようになっています。これを光ハイブリット形式といいます。光ファイバーに手を加えているので、少し品質は落ちますが、ネット検索程度ならストレスなくできます。

ケーブルテレビを見やすくする方法

アンテナ工事をせずに沢山の番組を視聴できるケーブルテレビですが、さらに見やすい環境にするためには、分配器と流合雑音阻止フィルタが必要になります。とても便利なアイテムですので、少し紹介します。

便利なアイテム

分配器
分配器はスプリッターと呼ばれることもあり、ケーブルテレビ電波の回路を処理するためのアイテムです。分配器を使用することで同軸ケーブルを分配することができますので、複数のテレビでケーブルテレビを視聴できるようになります。テレビをいろんな部屋で視聴したい方にオススメです。
流合雑音阻止フィルタ
ケーブルテレビはその構造上、妨害電波や雑音の影響を受けやすいので、流合雑音防止フィルタを使用した方が良いでしょう。ケーブルの種類やケーブルの傷によって、ケーブル内に入り込んだ雑音やノイズを軽減することができるアイテムです。これがあれば、いつでも快適に視聴できます。
TOPボタン